あけまして

  • 2013年01月14日(月)

おめでとうございます。

まだ大阪の実家でのんびりと過ごしています。

今年の初夢は、授業にでなきゃいけないのに娘を預けるところが見つからなくて、どうしよう!?と焦るという内容でした。。。がーん。

卒業して8年にもなるのに、いまだに、大学卒業できないかもという夢をたまに見ます。
試験前日なのに全く勉強してない夢とかも。

せめて夢でくらい、外国にのんびり旅行したいものです。


ちなみに今年のおみくじは、広島の神社でも大阪の神社でも「末吉」でした。。。

なんだかぱっとしない年明けですが、良い年になりますように。
今年もよろしくお願いします。

よいお年を

  • 2012年12月30日(日)

もう2012年も終わりですね!

2週間前に夫と同時に感染性ウイルス胃腸炎にかかってダウンしました。
体の節々が痛んで頭がガンガンする中の赤子の泣き声とお世話はかなり厳しかったぁ。。。
こういうとき実家が近いといいのにと思いながらも、娘にうつらなかったのがせめてもの幸いでした。

そんなこんなで待ちに待った冬至を祝い(日が長くなる!万歳!)、クリスマスはぼんやり過ぎ行き、「ホビットの冒険」をこっそり見に行って久々の大スクリーン&指輪物語キャストに大興奮し、大掃除は適当にすませて明日から広島&大阪に帰省です。


しかし今年は結婚式、妊婦生活、出産、育児とめまぐるしかった1年でした。
どれもしんどかったけど産後1〜2か月間の、意識がもうろうとする中での夜中の2時間おきの授乳がいちばん厳しかったなぁ。。。

親になったことで、自分の両親にも感謝できたし、私もこれからもっと度量の広い人間に成長していけたらいいなあと思います。


今年は久々に会えた友人もたくさんいて嬉しかったです。みなさんありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします!

ついに師走!

  • 2012年12月10日(月)
アップロードファイル 63,863 byte

ついに12月に突入です!
毎年思うけれど、今年は特にあっという間だったなあ。

こっぱずかしいトップ絵をや〜っと変更できました!
赤ちゃんがいるとなかなか絵の具を広げる時間がとれないので、寝た隙を狙ってコツコツ作業。
でも色々な色を混ぜて描くって気持ちいいなあと思いました。

今年は紅葉見られずじまいだったけれど、まだぎりぎり間に合うかと朝突然思い立ち娘を連れて井の頭公園に行って来たのですが、やっぱりほぼ落ち葉に変わっていました。
そこで、むむむこのままでは終われん!と、娘の服を買って、満足して帰りました。。。(こういうのを代償行動というのでしょうかねぇ。)


画像は井の頭公園のスワンボート。
一艘だけ男の子がいるそうですよ。どれかなぁ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
11月の備忘録
<見た映画>
・「シングルマン」(2009/米)
長年の同性の恋人を事故で失い、生きる意欲を失った大学教授が自殺を心に決めて過ごす最期の一日を描く。
最期だと思うと、何でもない日常の風景が鮮明に美しく見えるのかも。

・「画家と庭師とカンパーニュ」(2009/仏)
パリから離れ田舎に暮らし始めたスランプ中の画家が、再開した庭師の幼なじみと過ごすうちに、失っていた日々のささいな幸せの感覚を取り戻していく。
エピソードを感動的にではなく淡々と描くところが、良くも悪くもフランス映画らしいなぁ。

・「エイプリルの七面鳥」(2005/米)
NYで恋人と暮らすエイプリルは、家族を招いて感謝祭の料理を作ろうとするが肝心のオーブンが壊れ…
うまくいかない家族の関係がおもしろ悲しく描かれて身につまされます。


<読んだ本>
・「検屍官」「証拠死体」「遺留品」「接触」P.コーンウェル
バージニア州の女検屍局長スカーペッタが死体に残された手がかりを元に最新技術を駆使して犯人を追いつめる大ベストセラー。
里帰り中に実家の本棚で見つけて、産後すぐだというのにハマって読みふけったシリーズ。
面白くてとまらないのですが殺人シーンがリアルで怖くて、夜眠れずにいつも後悔。

・「女ともだち」角田 光代, 栗田 有起, 唯野 未歩子, 川上 弘美, 井上 荒野
色んなタイプの「女ともだち」を描いたオムニバス。友達って、いいですねえ。

・「ひそやかな花園」角田 光代
子供の頃の素晴らしい夏休みの思い出を共有しながら離ればなれになって成長した男女。それがただの楽園ではなかったと知り…
子どもを持つこと、血のつながりの意味など色々考えさせられます。

秋も終わりに近づいて

  • 2012年11月17日(土)
アップロードファイル 13,670 byte

もう11月。いよいよ寒くなってきましたね。

「ジョジョ展」での娘の六本木デビューは無事終わりました!
ほとんど泣かずにいてくれて、おまけにカフェでランチまでできて、出産後こんなに外で過ごせたのは初めてなので嬉しかったです。

原画展示がメインでしたが、iPadを使ってスタンドの戦いを見られたり、漫画風にデフォルメされた写真を撮影してもらってスタンドと合成した漫画の一コマになれたりと新しい技術満載の展覧会でした。

ちなみに私たちはトリッシュのスタンドとパチリ。娘を抱いていたのでジョジョ立ちできなかったのが悔やまれる〜!


そして先日は娘の生誕100日を迎え、お食い初めでお祝いしました。
鯛の姿焼きのために、恥ずかしながらこの歳で初めて魚を下処理から調理しました。内蔵を掻きだすのには勇気がいり、鱗が台所に飛び散って悲惨なことに。。。
でも切り身の魚を料理するのとは違って、命をいただいてるなぁってしみじみ思いました。


さてさて最近は娘を抱っこしたりあやしたりしながらも唯一できる娯楽として映画をよく見ています。
備忘録としてまた感想もいれつつメモメモ。あ〜映画館行きたい!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

・「アレキサンドリア」(2009年/西)
西暦4世紀に地動説を唱えた女性天文学者の波乱の半生を描く。

・「新しい人生のはじめかた」(2008年/英)
人生の曲がり角を迎えた中年男女の恋模様。ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンがいい味だしてます。

・「バグダッド・カフェ」(1987年/西独)
アメリカの荒涼とした大地にぽつんとあるカフェに集う変わった人たちの日常の変化を描く。独特のカメラワークと色合い。

・「カレンダー・ガールズ」(2003年/英)
イギリスの田舎町に住む中高年の女性達が募金のためにヌードでカレンダーを作成したことで巻き起こる実際にあった一騒動。古き良き田舎町と自然の風景が素敵。

・「十二人の怒れる男」(1957年/米)
12人の陪審員が、有罪か無罪かの評決をめぐって繰り広げる論争を描く。白黒の年代物の台詞メインの映画ながら、陪審員の意見と意識が変わっていく様子がうまく表現されていて全然古く感じない。

・「Sex and the City シーズン3」
NYに住む4人の女性が繰り広げる笑いあり涙あり本音ありの生活。NY行きたい〜!!

東京ライフ

  • 2012年10月28日(日)

東京に帰ってきて一ヶ月経ちました!なんとかうまくやっています。

娘も三ヶ月になり、むちむちぱんぱんで元気に育っています。

近くに住むいとこや遠方から友達も遊びに来てくれました。

そして先日はベビーカーデビュー。
隣駅の吉祥寺での小一時間のショッピング中もおとなしくしてくれていました。

最近娘は緊張すると寝たフリをしてやりすごし、家に帰ったとたん大泣きします。。。誰に似たのか。。。

さて明日はついに初の遠出に挑戦!
夫と三人で六本木のジョジョ展に行ってきます。

極力混まない時間帯に、最短ルートで行って帰る予定。
ベビールームの有無の下調べやおむつに着替えなど荷物チェックもぬかりなくしなくては。

出産前から楽しみにしていたので満喫してきま〜す。
ゴゴゴゴゴ!!

夏も終わり。。。

  • 2012年09月18日(火)
アップロードファイル 34,345 byte

あ〜!子育てにてんやわんやになっていたらいつの間にか夏が終わっていました!!

そして授乳に追われて、誕生日もなんの感慨もなく過ぎさり。。。
節目の年なのに、こんなにスペシャル感がない誕生日になろうとは!いつもと違ったのはケーキ2つ食べたくらいかな。


赤ちゃんもすっかり大きくなって、体重は生まれた時の約2倍の5000gほどに。
健康で何よりですが、重くて抱っこがしんどいです。


そしてついに今週末東京に戻ります。
実家の助けがなくなって夫と一緒に子育てスタート。
どんな感じになるんでしょうか。楽しめたらいいんですが。

数年前に家を出て以来初めて3か月も大阪にいられて、祖父母や友達やご近所さんと久々にゆっくり過ごすことができたのが一番よかったなあと思います。

「気ぃつけや あんたのことやで そのバック」
と外ではひったくり防止キャンペーンの車から声が流れています。。。

あ〜大阪好きやわ〜と改めて思ったのでした。

誕生しました。

  • 2012年08月06日(月)

ちょうど二週間前の7月23日のお昼に、ぶじ女の子を出産しました!!

陣痛10分間隔になってから10時間弱、病院着いて1時間半後には誕生という超安産だったそうです。
(でも最後は息が出来ないくらい痛かったなぁ、、、)


とりあえず無事果たしたという安心感もつかの間、さっそく翌日から母子同室で子育て開始です。

授乳、おむつ替え、ご機嫌取り、寝かしつけのエンドレスな日々で気づけばあっという間。。。
しかも体重の増えが悪く、退院後も何度も病院にはかりに行くことに。心配。。。


でもたくさんの人にお見舞いに来ていただいたりお祝いをいただいたり、こんなに誕生を祝ってもらえるなんて
幸せな子だなあとしみじみ思います。
ありがとうございます。

外出もままならない日々ですが、実家で育児に専念できる環境にあることに感謝してがんばります〜!

大阪ライフ

  • 2012年07月04日(水)

7月に入りましたね。大阪は東京より湿気でむわ〜んとしている気がします。

実家に戻って一週間が過ぎ、ご飯づくりと家事を担当していますが、誰もいない日中が暇で暇で。。。

パソコンゲームのソリティアにハマってみたり、幼馴染からかりたジョジョを読みふける毎日です。

でもこんな暇してられるのもあと一か月!!
さ来週だといつ生まれてもおかしくないそうなので、とりあえずいまのうちにバーゲンに行って、友人たちに会って(今日で5日連続の外出。。。)、田舎に数日帰って、と元気に過ごすことにします。


しかし久々に長く帰ってみると、大阪のご近所さんパワーはすごいものがあります。
私もたいがいしゃべりが早いらしいですが、大阪のおばちゃんたちには全然かなわない。。。みんな正直で行動的で、大阪って元気だなあ〜。

あとすこし!

  • 2012年06月19日(火)
アップロードファイル 14,270 byte

妊娠も9ヶ月に突入し、いよいよ今週末は大阪に里帰りです。

帰省までにすませる用事がまだたんまりたまっています。。。
なんでこういうときに映画を観たくなるのかなあ。試験前に部屋の掃除したくなるのと似ています。

もうずっと、胃がもたれるのをはじめとして、耳はよくつまるし片手はしびれるし、骨盤と脚のあたりが歩けないくらい痛むし足はつるし、とまぁよくこんな次々と体の具合がおかしくなるもんだ、って感心するくらいです。

お腹に2000g近い子が入ってれば仕方ないのかも。あと一ヶ月半、がんばります、、、ていうかもっと大変な日々はこれから始まるのかぁ。。。 ひ〜

でも焼き肉も食べたし、おいしいラーメンも頑張って並んで食べたし、ついに銀座の資生堂パーラーにも行ったので、東京での心残りはだいぶ消化しました。
そんで大阪に帰ったら地元のおいしいお好み焼き屋に行って、かき氷やさんに通って、うなぎも食べるぞ!とうきうき気分。(食ばっかり。。。)

こんなに長く帰る機会もこれからそうそうないと思うので、とりあえず産むまで実家ライフを満喫しようと思います!


画像はGWに行った「長谷川町子美術館」のある桜新町です。
波平さんの髪の毛はすでに抜きさられていました。。。
ひどいなぁ。
ちなみにアニメの磯野家の居間のカーテンは年二回衣替えされるそうです。ほんとだ、6月からシースルーのカーテンに!!

焦りはじめた5月

  • 2012年05月02日(水)

もう5月ですね!!ほんとにあっという間で。。。

4月は井の頭公園、善福寺公園、隅田川沿いなどでいっぱいお花見できたので満足!
何人か学生時代の友達と遊んで、近況も聞けたので楽しい春でした。


さて、いま妊娠7ヶ月なのですが、のんびりしてたらもう来月には里帰り出産で実家に戻る時期。。。!!
どうりで最近やたらお腹が重くなってきたわけだわ〜!

身軽で東京にいられるあと1ヶ月半を大事にして過ごさないとと思っています。

漫画と本は子供が生まれても合間に読めそうなので、絵をいまのうちに描いておかないと!


あと映画館と焼き肉に行っておくべしとの助言をもらったので、さっそくアキ・カウリスマキ監督の「ル・アーブルの靴磨き」を観てきました。
http://www.lehavre-film.com/

貧しい靴磨きのおじいさんが移民の少年のイギリス密航を助ける物語で、良くも悪くも、家ではなく映画館で観るべき映画でした。(まぁ母に出してもらったんですが、、、)

あとはいまハマっているサトクリフのローマンブリテン4部作の「第九軍団のワシ」が映画化してると知らず、ほんの少し前に公開が終わっていたのがすごい残念。。。

「宇宙兄弟」と「テルマエ・ロマエ」はファンとして観ておくべきか迷うところですが、テルマエは映画の日に行こうかな。。。


というわけであいかわらずな日々をすごす毎日でした。